Stormy story

ありがとう素晴らしき世界。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
怪物くん DVD-BOX 歌のおにいさん [DVD] 魔王 [DVD] フリースタイル―大野智作品集 ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO [DVD] SUMMER TOUR 2007 FINAL Time-コトバノチカラ-
いらっしゃいませ
現在の閲覧者数:
Photo
ジャニーズ情報
メールはこちらから
SPONSORED LINKS
<< 行ってきました! | main | おめでとうをありがとう。 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- cm:0 tb:0
 大奥。

急遽、758組で見に行きました。

「大奥」

はっm(__)m

無事に家路に着く事ができましたw

はじまるまでのドキドキ感は映画泥棒さんの登場で、

一瞬やわらぎました^^

もはや「まさとし」にしか見えなかったけどもw

とにかく「大奥」よかったです!

かなり泣いて泣き疲れてますw

将来自分に男の子ができたら「祐之進」と名付けようかともw

早くも土曜日に2回目を見に行きます^^

そして3回目まで予定してますw

あぁ・・・水野様・・・。


この感動が冷めやらないうちに感想なんぞ・・・。
(ネタバレしますのでご注意ください!)
 
 
私は原作も読んでないし大奥ナビとやらも録画し忘れる大失態w

数々のWSや関連番組、公式ガイドブックのみの予備知識で挑みました。
(しかも急に見る事になったので心の準備ができずw)

「夜伽」とは何ぞやと調べた頃がなつかしいwww

始まってどれくらいでしょうか。
あの例のシーン。
ふしぎ発見でのわずか数秒のカットでさえ大興奮だったのに・・・。
私の予想を遥かに超えてましたw
あの細いながらも筋肉がちゃんとある上半身となめらかな動き。
そして吐息・・・。
ぐはっ・・・。
やだっ!なんだかモウレツに恥ずかしいっ><
息ができないっ><
そしてお相手の八重が出てきた瞬間「えぇ!?」
正直びっくりしました^^
ここでDVD出たらまちがいなく買うと決意したのでしたw
世の為、人の為に無償の愛を与えるってとこに早くも感極まります。

お信との別れ際のキスシーンも切ない・・・。

映像もすごくキレイでした。
色鮮やかで豪華絢爛。

御三之間の男どもに夜中襲われるシーンがリアルで怖かったwww

鶴岡との対峙シーンの結末にもびっくりだし、切なかった・・・。
大倉くんがわからないままやりました。って少クラで話してたけど、
いや、すごい演技だったと思います。

杉下がいい味出してましたね^^
すごく好きなキャラです。
水野が御中瓠覆蹐Α砲望紊る時に、杉下も一緒に格上げできる事に
なったとこもジーン(泣)

垣添かわいかったなぁ〜^^
「思い出を・・・。」
くぅ〜っ><
あのキスシーンの水野様のアゴのライン最高でしたw

吉宗もホント凛々しくてステキでした^^
惚れるわ〜♪
将軍様に見染められた水野よかったじゃーん^^
って思ってたら・・・。
最初に選ばれし者は(何て言ってたかな?)死ななきゃならないってー!?
なんてこったい・・・。
まぁ〜ここからずーっと泣いておりましたぜ私^^
タオルがビッショリ濡れておりましたw

橋の上で「お信を抱いておくんだった。」ってセリフに
涙腺崩壊・・・。
あぁ・・・悲しい・・・。

「心が曇る」って杉下とのシーン。
私もここ大好きです。
水野様の目がウルウルなんで余計に泣けるっ><

紅を引いた水野様がものすごく美しかった・・・。
儚い・・・。

吉宗の名前が「信」
はぁぁぁぁぁ・・・・・・。
なんて運命的なんでしょうかっ。
(思いだしただけで泣ける〜)
「お信と呼ばせて下さい。」
お信ーーーーーーーーーーーーっ!!!!!
あんた愛されてるよぉーっ><
号泣で嗚咽もらしそうでしたwww

吉宗との夜伽シーンは意外にもあっけなく終わってしまってwww
えっ!?まっちろな画面ー!?みたいなw
でも受け身じゃないがっつりキスシーンが見れて幸せ^^

ラストも良かった良かった^^
まだまだ見逃してるポイントがたくさんあるんじゃないかなー。
早くこいこい土曜日〜♪

Dear Snowもちゃんと聞いたの初めてだったけど、
やっぱいい曲〜♪
智〜♪にの〜♪声がたまらんっ><
大奥のサントラも欲しいな〜♪

さ。
お友達のとこにもお邪魔してこよーっと^^
N:にのちゃん 23:32 cm:0 tb:0
 スポンサーサイト
- 23:32 cm:0 tb:0









http://arashic-3104.jugem.jp/trackback/772